2004年8月3日 江ノ島裏磯 

去る8月3日、江ノ島にて花火大会が開催されました!
今年から日程が変更になり、(けっこう雨が多かったですからね・・・)果たしてどうなるか?と期待半分、心配半分。
またしても夕方から雨が降るという天気予報で、嫌な予感が・・・去年大変でしたからね。
心配しつつ観光協会のHPに行ってみると「予定通り決行」、しかも「雨天でも決行」の文字が・・・(
毎年、決行するかどうかは観光協会のHPでも伝えてくれます

大丈夫なのかしら?と心配しつつ、雨具だけは持って江ノ島へ。今回は日中から出掛けて、水族館を回ってきました。まだ見ていなかったショーを見て、すごい!とびっくり。
しかし暑さのせいもあるのでしょう、かなり混み合っていました。前よりもずっと広くなったので、混んでいても問題はありませんでしたが・・・。
今年は多少波があるかな・・・ということと、
満潮の時間が6時半で、裏磯は波があがっているんじゃないかと心配して、しばらく様子を見ていたのですが、大丈夫だと判断して磯に降りました。基本的に危険な場所、しかも夜で足場が暗くなりますので、満潮の時間帯を調べたり、昼間明るいうちに足場の確認もしておいてくださいね。帰り道の為に、懐中電灯も忘れずに。
毎年だんだん裏磯で花火見物の人数が増えてきて、「皆江ノ島netを見て来ているのかしら・・・?」となんとも不思議な気分になりました。今年は30〜40人ぐらいはいました。確実に。今年もそうでしたが、大体私は釣り竿を持っていていますので、見かけたら声をかけてみてくださいね。来年は「江ノ島net」うちわでも作って、持っていこうかしら?
ちなみに、年齢層は圧倒的に若い方が多かったです。←ホラ、人影が映ってますよね。
今年は人が非常に多くて、にぎやかに花火が楽しめました。花火の設営場所も去年と変わって、海の上に筏のようなものを作って、そこから打ち上げする方式に変更になりました。そのせいか、海上に船の姿が少なかったです。でも、打ち上げ場所が変わったおかげで、花火はバッチリよく見えました。1枚目の写真のように、2会場の花火が同時に見えてお得でした!

今年は雨も降らず、風の具合も丁度よく、打ち上げた花火の煙の散りも早かったので、花火がものすごく綺麗に見えました。
おかげで
写真がとても良く撮れて、ここに載せるために写真を選ぶのがとても大変でした。打ち上げる花火のカラーリングも今年は揃えてあるものが多く、それがとてもセンスのある花火に見えたのが特徴かもしれません。
また、うずまきなど変わった形の創作花火も増えたような気がします。昔と違って、花火もぐっと華やかになりました。
昨年も書いたのですが、混雑するのは嫌!という方も、場所を探せば、いい見所が沢山ありますので、工夫をしてみてください・・・
いろいろと対策を講じるだけで、随分と違ってくるはずです。
今年は本当に素敵な花火大会でした。写真も良く撮れて、どれを載せるかで苦労したぐらいです。前まではいい写真を探すのに苦労したのですが・・・。
二尺玉点火! 大輪のひまわりのようです
昇朴付変芯菊先三度変化という名前だそうです 本当に三度変化しました!
直径450mの超ビッグサイズ! まるで光の雨!
トップに戻る